フランチャイズ総合ランキング | フランチャイズビズ | 加盟募集の比較・独立開業・新規事業探し



人気ランキング
総合ランキング

【2017年10月度】フランチャイズ総合人気ランキング

ランキング順位
「居抜き紹介+開業支援ビジネス」店舗そのままオークション

「居抜き紹介+開業支援ビジネス」店舗そのままオークション

ガイアの夜明けでも特集!
「ずっと無くならない」「景気に左右されない」
競合不在・差別化された新ビジネス。
低リスクの無店舗型で、全国70拠点で展開中。
投資は200万以下、営業利益率は70%以上!

“閉店予定の店舗”と“出店希望者”をマッチングする業界最大手の「居抜きマッチング+開業支援」サービス。今では利用者が全国97,000人を突破!

「日経スペシャル ガイアの夜明け」
「ワールドビジネスサテライト」
「NHK おはよう日本」
「日経流通新聞(MJ)」
「日刊工業新聞」  などメディア露出は数知れず。

既存の事務所・店舗で、そのまま事業をスタート可能!
わざわざ専門の店舗を構える必要も無く、初期投資は全て込みで
100万~200万(地域により変動)ほどと非常に安価であるにも関わらず、

●出回る前の店舗物件情報の獲得
●元請のリフォーム内装受注増加
●新規出店・独立希望者の囲い込み
●厨房・保険・人材・販促など様々な商機も

など多くのビジネスチャンスを獲得する仕組みを
『 誰にでも再現可能な形で 』提供します。

 

ランキング順位
食べログ3.5超が続出!「フリーネーム」鶏白湯ラーメン

食べログ3.5超が続出!「フリーネーム」鶏白湯ラーメン


黒字率97%で、食べログ3.5点超えが続出!
増店と紹介だけで、3年で50店舗に。
ウチくる!?・danchu・ラーメンウォーカー・お願いランキング・ZIP・Hanako・TOKYO FMなどメディア取材も多数。

・「狙って」食べログで高得点を取れる飲食店
「狙って」食べログで高得点を取れる飲食店を作るとどうなるか?
結果、増店と紹介だけで3年で50店越え。黒字率は97%!

・チェーン化はムリと言われていた、鶏白湯ラーメン
「鶏白湯ラーメン」のほとんどが個人店なのは、味の安定が難しいから。
しかし鶏白湯の「売れるチカラ」に着目し、インパクトある旨いスープの安定提供の研究から理想のスープの生産に成功!

・個人店とチェーン店の“良いとこ取り”
冷凍スープによる、「職人不要」の「仕込み不要」の”簡単オペレーション”。なのに、熱狂的ファンを生むほどの”旨さ”。ロイヤリティや看板料もなく、屋号(店名)も自由。まさに「個人店とチェーン店の良いとこ取り」業態と言えます。

【直営店の平均実績】
年間営業利益995万/営業利益率19.3% ※OPEN1年経過店

 

ランキング順位
大衆”立喰い”焼肉「さすらいのカンテキ」

大衆”立喰い”焼肉「さすらいのカンテキ」


狭くてウマイ!大衆「立ち食い」焼肉、さすらいのカンテキ

・「極セマ」な立喰い焼肉店の実績とは?
三ノ宮店は、わずか5坪!週1休みのディナー営業だけで、年間利益396万円!独自の仕入れルートによりA4ランク以上の和牛など「高品質の肉を、低単価で提供」。全店黒字を継続的に実現しています。

・「お金をかけずに」集客に繋がる
同業の競合店がほぼありません。コスパ最高な「立ち食い焼肉×国産黒毛和牛」がテーマで、話題性が強み!口コミ・ブログ・SNSで取り上げられることが多いため「お金をかけずに」新規集客につながっています。

・オペレーションは“肉を並べるだけ”
カット済みの肉が届くため、店内でのカットや調理の手間はほとんどなし。飲食未経験でもOKなのはもちろん、調理人も不要のため人材コストも圧縮!スタッフレベルで品質が左右されてしまうリスクを最小化しています。

【メディア掲載(一部)】
・林先生が驚く 初耳学
・産経ニュース
・ORICONSTYLE
・PRTIMES
・日本外食新聞  e.t.c

 

ランキング順位
『20店舗まで加盟金・保証金0円』 節骨麺たいぞう

『20店舗まで加盟金・保証金0円』 節骨麺たいぞう

年間利益2,400万円!味も利益も濃厚コッテリ「節骨麺たいぞう」

一過性のブームでは意味がない。
「永続する繁盛店創り」がコンセプトの、客足絶えない繁盛店!
年間利益2,400万円を叩き出しています。

池袋で開業から13年間、客足絶えぬ繁盛店!
素材にこだわり抜き、食べログ3.5点を超える繁盛店の味を
未経験でも提供できるノウハウ・仕組みが強み。

【直営店の実績】
・池袋総本店(20坪・28席)
平均月商:1,000万円
営業利益率:20%

※最高月商:1,663万円

・三軒茶屋店(11坪・13席)
平均月商:500万円
営業利益率:18%

※最高月商:786万円

【メディアからの取材】(一部)
・ラーメンWalker「ラーメン新時代」
・TokyoWalker「首都圏エリア厳選!!激うまラーメン店」
・Hanako「中目黒・恵比寿・代官山特集」
・月間食堂「ラーメン店の成長を支えるスパコンの法則」
・フジテレビ「VVV6 東京Vシュラン2」 e..t.c

 

ランキング順位
産地直送・ご馳走レストラン レッフェル

産地直送・ご馳走レストラン レッフェル

『 飲食店の理想型 』が昨対売上を超え続け、
ついに月商2,000万超え!月間食堂でも特集。
生産、加工、提供を全て自社で行う
国も注目の「6次産業」レストラン!

▼常に昨年対比売上を更新。ついに月商2000万に!

1号店は2009年にオープンし、
初年度月商1100万円 ⇒ 2年目月商1400万円
⇒ 3年目1600万円
そして現在では月商2000万円。(※1400万時のPL実績は下部に)

繁盛店から「超」繁盛店へ成長し続けています。
2013年4月発売の「月間食堂」でも特集されております。

 

ランキング順位
【月1社限定】黒字率97%!「フリーネーム」煮干しラーメン。

【月1社限定】黒字率97%!「フリーネーム」煮干しラーメン。


決して表にはでない繁盛ラーメンプロデュース集団がつくった流行りの煮干しラーメン。ここ4年間で100店舗以上をつくり『黒字率は97%』。

※顧客には「自分でスープをつくっているお店」として見せているため、外観写真や内装写真は一切露出しておりません。

【古くて新しい煮干しスープは”廃れない”ジャンルの代表格】
定番中の定番でありながら、
“いまも”ラーメン業界の話題を独占している煮干しラーメン。

その中でも「圧倒的なうまさ」で毎月出店し続け、
勝率97%を実現しているプロデュース集団の新業態がこの「フリーネーム」煮干し中華そばです。

※某最新のラーメン本(関東版)で特集された「煮干しラーメン」10選に当社の全てのブランドが掲載されました。

【「味だけじゃない」集客できる仕組みづくり】
ラーメン戦国時代の現代では
「美味しい味」だけで超人気店になるのは至難の業。
特に、ラーメンは人によって好みも大きく分かれるもの。

それでも実績を残せているのは、
「おいしいラーメン」を提供してお客様を呼ぶだけではなく
口コミやブログにも取り上げられやすい店舗づくりと
「狙って食べログ評価を上げる」
など、集客ノウハウも兼ね備えているから。