ラーメンFC特集

フランチャイズといえばラーメン業態!?

飲食未経験の脱サラ個人オーナーはもちろん、法人の異業種参入からも人気のラーメン店開業

 

ひとりで回せるような小型・低投資のラーメン店から、ロードサイド店などの中・大型店なら年商1億円を狙える、画一的な店名ではなくオリジナルの店名で展開できる今話題の「ステルスFC」など、幅広く事業展開ができるビジネスモデルです。

 

廃れることのない国民食であるラーメン店は魅力的なフードビジネスではありますが、それだけ参入してくるライバルも多いのも事実。

 

成功率アップのためには、料理の味以外にも差別化された強みが必要であり、経験/ノウハウ不足を補うのに、フランチャイズ活用はうってつけ。

 

オリジナル業態をゼロから立ち上げるのも事業の醍醐味ではありますが、魅力的かつ儲けの出る商品作りや、効率の良いオペレーション作りは簡単ではありません。

 

調理・接客・集客、どれにおいてもトライ&エラーで経験が必要で、費用も時間もかかります。

 

その点フランチャイズなら『繁盛店の成功ノウハウ』を活用可能

すでに成功している「味」「店舗デザイン」「接客」「集客手法」を使える事業主と、ゼロからスタートする事業主、どちらが成功確率が高いでしょうか?

 

ただし加盟金・ロイヤリティなどのコストをかけた以上のリターンが得られるか、事業の採算性について見極めが必要です。※FC選びの無料勉強会:東京 大阪

 

今回は、飲食未経験でも取り組め、実績が確かなフランチャイズに絞ってご紹介します。

「フリーネーム」鶏白湯ラーメン

takeichi

フリーネームだからこそ、自分の屋号(店名)で一国一城の主に。

自己資金250万円ほどから開業できるほどの低投資にも関わらず、年収1,000万超のオーナー続出!

 

脱サラ開業でも、食べログ3.5点超えは当たり前

冷凍スープで「職人不要」「仕込みほぼ0」の”簡単オペレーション”。なのに、熱狂的ファンを生むほどの”旨さ”。

 

ロイヤリティや看板料もなく、屋号(店名)も自由。まさに「個人店とチェーン店の良いとこ取り」!

 

個人店のように見えるチェーン店として「ステルスフランチャイズ」の先駆けとも言える業態です。

 

『「フリーネーム」鶏白湯ラーメン』の詳細・資料請求はこちら

純度100%のクリーミー熟成豚骨ラーメン『一番軒』

ラーメンフランチャイズ 一番軒

年収2,000万オーナーも輩出する、純度100%のクリーミー濃厚豚骨。

 

飲食のプロ経営者もフードビジネス未経験者も「儲かる仕組み」に惚れ込み、加盟者が続出!

豚骨のクセを抑え、万人がやみつきになるスープが繁盛店の秘訣。

 

飲食経験や知識がゼロでも繁盛店の味を再現

職人技がギッシリつまった味を、だれでも再現できる仕組みがあります。

 

35頭の豚骨をまるごと特注釜で数十時間炊き込み。

余すことなく旨みを抽出した一番ダシのみを贅沢に使う「豚骨一番搾りスープ」が来店客の胃袋を掴みます!

『熟成豚骨ラーメン「一番軒」』の詳細・資料請求はこちら

『フリーネーム「新」横浜家系ラーメン』

家系ラーメン

100店舗以上の繁盛店を生み出してきた、家系ラーメンフランチャイズ。

 

ここまでの実績を残せているのは、3つの理由があります。
(1)「加盟金・ロイヤリティなどが0円」
(2)「失敗する店10の原因」を徹底的に潰す仕組み
(3)「オープン後の手厚いサポート」

“飲食未経験でも実践できる”、繁盛店作りのノウハウ全てがあります。

 

“飲食未経験でも可能”な簡単オペレーション

「スープを解凍するだけ」なので、難しい調理は一切必要なし!

 

店舗での仕込みは極限まで減らしているため、「水光熱費の削減」「開店前・閉店後の人件費カット」が利益アップに大きく貢献しています。

『フリーネーム「新」横浜家系ラーメン』の詳細・資料請求はこちら

各ラーメンフランチャイズの資料請求はこちらから

未経験から取り組めるラーメンフランチャイズをご紹介しました。

下記リンクから資料のお取り寄せ(無料)やお問い合わせができます。

 

出店が決まった近隣エリアではご検討ができませんので、お早めにお問い合わせください。

今回ご紹介のフランチャイズ

『「フリーネーム」鶏白湯ラーメン』

『熟成豚骨ラーメン「一番軒」』

『フリーネーム「新」横浜家系ラーメン』

 

▼このほか、今人気のフランチャイズはランキングでチェック!フランチャイズ最新ランキング